専業主婦になりたいの先にある願望

ペアローン彼氏

専業主婦にして欲しいと彼氏に日々懇願してますが、まだ受け入れて貰えそうにはありません。

そこで私がなぜ専業主婦になりたいのかをご紹介します。

専業主婦 = お金の心配をしない生活をしてみたい

現在25歳なのですが、思えば15歳からずっと働きづめです。

実家が裕福ではなかった事もあって、高校と大学時代はバイト戦士してました。

朝3時起きのパン屋に始まり、寿司屋、うどん屋、スーパーのレジ打ち、家庭教師、塾講師、等々…

 

大学時代は1人暮らしをしましたが、仕送りがないので自分の生活費は自分で稼ぐ。

また心配性なので貯金が食いつぶされる事に耐えられず、毎年100万ほどは貯金。

お陰様である程度の資産は形成出来ましたが、社会人になっても今月収入少なかったなとか、来月イベント多くてお金足りるかなとか、お金に執着する性格は変わりません。

 

そのため一度、お金の心配をしない生活をしてみたくなりました。

自分の貯金も減らさず、毎月の収入と支出を気にする必要のない生活をする事で、この執着心がなくなるかどうかを検証したいのです。

 

専業主婦 = 彼氏に事業に集中して欲しい

彼氏は社員として企業に務める一方、個人事業主としても活動しています。

お金が稼げる仕組みを作りたいと日々奮闘していますが、やはり会社の仕事や日々の生活もあるので中々順調には進みません。

 

今はお互い共働きなので家事は2人で協力して行なっているのですが、一方に負担がかかると不満も出てきます。

最近お皿洗ってくれないとか、キッチン使いっぱなしにしないでとか、些細な事で揉めます。

専業主婦になる事で私は家事を全て引き受け、彼氏にはその分事業に専念して欲しいと思うのです。

 

専業主婦 = 得意な事は得意な方がやればいい

彼氏には稼ぐ才能があると思っています。

新たな技術や情報の市場調査を欠かさない所や、課題が出ても一人で解決出来る所、人と違った視点で物事を見れる所。

何か没頭してシステムを作ったかと思ったら、大金を稼いできた事もありました。

このように多様な視点で考え、実現出来るところを尊敬しており、私には真似できない事だと思います。

 

また一方で、彼氏には家事の才能はあまりないかと思います。

ごみ捨てしてとお願いすればやってくれますが、他の部屋のゴミを集めて捨ててはくれません。

言われた事はやってくれる優秀彼氏ですが、言われた事しか出来ないのです。ましてや言わなければ家事をする事はほぼ無いでしょう。

そのためビジネスの得意な彼氏が稼いで、家事の得意な私が専業主婦になるのが効率的かと思うのです。

 

まとめ

このような思いがあってアピールしていますが、まだまだ専業主婦にはなれそうにありません。。

うっすら彼氏に専業主婦にしてくれる可能性を聞いたら、1%だそうです。

0%では無いので、まだまだ可能性がありますね!

タイトルとURLをコピーしました