在宅勤務をして良かったこと

Dialy

正社員を辞めて福岡に来てから、ちょうど1ヶ月経ちました。

何だか朝6時半に起きて出社していた日々が大分昔の事に思えます。

それこそ移住して1週間くらいは、一緒に働いていた人とお話ししたり、開発したくて会社に戻りたくなっていました。

がしかし、1ヶ月も経つと少しは心が落ち着いて来て虚無感みたいなのは無くなってきました。

実際には勤務していた会社を完全に辞めたわけではなく、1ヶ月に120時間分のお仕事を在宅で対応させて頂いてるので多少は交流があるのですが、やはり顔を合わせないというのは寂しい気持ちになります。

ここで在宅勤務をして感じたメリットを紹介します。

在宅勤務して良かったこと

通勤をしなくて良い

昔から電車が嫌いで、高校は自転車で通える範囲で選んだり、大学も一人暮らしをして徒歩で通ってました。

会社に入社しても通勤は嫌だったので徒歩で通える日本橋に住んだのですが、一度も本社勤務はなく、常駐先に出社するために30分から1時間ほど通勤していました。

その通勤が無くなった事。これが無駄なストレスがなくてとてもいいです。

遅延に怯える事もなければ満員電車で席の取り合いもしなくていい。

毎日2時間ほど費やしていた通勤時間が浮いて、その分映画を見たり長風呂したりリラックス出来る時間に出来ました。

 

化粧をしなくて良い

女子として良いのかどうかはおいといて、とても楽です!

そもそもお化粧したり可愛い服を着たり等々に興味が無かったのですが、社会人として最低限の事をすべく毎日化粧をして被らないように服をチョイスしてと努力を重ねておりました。

しかし出社しなくて良くなった今、化粧しなくても何も問題ありません。

そのせいか肌の調子も良くなって一石二鳥です。

 

無駄な出費をしなくて良い

家にいると、いかに出費がかかっていた事を実感します。

・昼食代 外食だと1000円くらいかかりますが、家なら300円ぐらいで好きなものが食べられる

・軽食代 コンビニのコーヒーやお菓子、帰り道に食べるおにぎり等々、つい買ってしまっていたものが不要になりました

・通信費 外だと通信する必要がありますが、家だとWifiなので今ではスマホの契約は1GBでも余るように

・マツエク代 上にも記載がある通り化粧が面倒なのでマツエクに頼っていましたが、1ヶ月5000円が不要に

・スーツ/洋服代 常に部屋着なので服が必要なくなりました、外に出ないと欲しいという欲も無くなります

 

時間の使い方に自由がある

会社を辞めた理由の1つが、これでした。

8:30でないといけない仕事ではないのに決まりという理由でその時間に出社しなければならない、調子が良く仕事が片付いても早くは帰れない。

睡魔が襲ってきて5分仮眠してから仕事した方が効率が良いのに、勤務時間中は仮眠できない。

会社にはたくさんの従業員がおり、一定のルールが必要なのは仕方ありませんが、自分の人生としてはこの時間の使い方は勿体無いなと感じてやめました。

今では一番調子が良い時に集中して仕事に取り組み、終わったら自由な生活が出来ています。

モチベーションが高い時は早起きして仕事を終わらす、体調が優れない時はゆっくり休息してから仕事、選択肢があるって素晴らしいです。

 

まとめ

こうみると在宅勤務最高!となりますが、良いことばかりでもないので、次は在宅勤務でデメリットに感じた事を紹介できればと思います。

また合う合わないもあると思うので、家では集中して取り組めないという人もいるかと思います。

自分にあった生き方を出来るのがベストですが、まあ色々ありますよね。。

 

タイトルとURLをコピーしました